アラフォーの美白スキンケア

「朝のスキンケア」
朝は、忙しくて なかなかスキンケアにもゆっくり時間を、かける事が難しいですよね。
私の場合は、化粧水から化粧下地まで入っている、アンチエイジング&美白効果の高めのオールインワンジェルを使用しています。

その後に、日焼け止めを顔、デコルテ、耳の後ろまで塗りますね。
大事ですよ、特に首の後ろや、耳の後ろは、紫外線が結構当たりますから…。
日中、外出時間が長い時は、何回か、塗り直します、そして、紫外線カットしてくれる、リキッドファンデーションを塗って日中は過ごします。

 

「夜のスキンケア」
お風呂で、メイクを、きちんと落とします。そして冷たい お水でパッティングします。肌が引き締まる感じです。その後は、しっかりと スキンケアをします。

美白成分の入っている化粧水を、コットンにたっぷりめ(勿体ぶってはダメです)に浸してそれを、おでこ、頬、ほうれい線の上、目元に乗せますね、3分くらいで剥がして大丈夫です。その後に、美白成分が入っている乳液を、手のひらで、少し温めてから、顔全体に塗ります、しっとりします

少し乾いてから、美白効果、シミ、小じわに効果のある、アンチエイジング用の美容液を、ゆっくり浸透させる感じで塗ります、そして、最後に 美白効果が高めの、ハイドロキノンクリームを、手のひらで温めてからゆっくり浸透させてあげます。私の毎日の、スキンケアは こんな感じです。

 

日中、ずっと紫外線を浴びて、ファンデーションを長時間塗ったままですから肌も疲れていますよね。
寝る前に、こんなにスキンケアするのは大変ですが、この、スキンケアの やり方でシミや、シワが あまり増えなくなりました。日々、継続する事が大切だと本当に感じました。

栄養をつけてまつ毛美人に

まつ毛の生えかわり周期は3~5ヶ月とされています。この期間にまつ毛にダメージを与え続けてしまうと、まつ毛が生え揃う前に抜け落ちてしまいスカスカの寂しい印象を与えるまつ毛になってしまいます。

ではまつ毛にとって日常生活を送る上で何がダメージとなってしまうのでしょうか。

まずあげられるのが「ホットビューラーの使用」です。ホットビューラーを使用するとカールは維持できますが、まつ毛の大切な水分が奪われてしまい抜け毛が増えてしまいます。その他古いビューラーもまつ毛を痛めます。劣化したゴムによりまつ毛の切れ毛につながります。

次に「ウォータープルーフのマスカラの重ね塗り」です。まつ毛の根元にダメージを与えてしまうほか、ばっちりメイクを落とすためにしっかりとクレンジングしなくてはならなくなり、まつ毛への摩擦量が増えます。まつ毛を指でつまんでごしごしマスカラを落とすような洗いかたもNGです。

その他「エクステやまつ毛パーマ」もまつ毛に多大なダメージを与えてしまいます。エクステやまつ毛パーマをしていると、素っぴんでもそれなりにみえるしメイク時間も短縮できて便利なのですが、これに使用される接着剤やパーマ液の化学物質がまつ毛にダメージを与え抜け毛の原因を作ってしまいます。

まつ毛へのダメージとなる原因を知り気をつけなくてはなりません。ダメージを予防しつつまつ毛の健康を保てれば美しいまつ毛がてに入ります。

美しいまつ毛のために摂取すべき栄養を確保できる食材をいくつかあげます。

「メチオニン」という栄養素はマグロやチーズ、豆腐などに多く含まれていて髪の毛など体毛を構成するタンパク質のケラチンのほとんどをこのメチオニンが占めています。よって健康なまつ毛作りには欠かせない栄養素なのです。

その他「亜鉛」です。亜鉛はミネラル成分として人間の細胞のなかに存在します。体毛の主成分であるタンパク質の合成を助けます。また酵素の構成成分となって代謝を助け、皮膚や毛の生え変わりを促進する働きをします。抜け毛の予防に一役かってくれるのです。

外部からのダメージによるまつ毛の抜け毛予防と身体の内側から良い栄養素を摂ることが美まつ毛への道です。

 

 

まつエク+αで目元に自信

二重のまぶた、それでも化粧をしないと私の目元は寂しい印象でした。マスカラは数種類試すものの、どれも目に沁みてしまい、常にノーメイク状態でした。

まつ毛は全体的に短めで、太さも頼りなく、量も少なめです。日本人ではよくあるまつ毛だと思います。

特に深く考えたり気にすることもなく、自分の結婚式の準備をしていました。メイクの打ち合わせで初めて「まつエク」に出会いました。今ではまつエクをしている人は多く、珍しい事ではありませんが、その当時はまだ多く知られていませんでした。私も名前は知っているものの、どのようなものかは知りませんでした。説明を聞き、物は試しとまつエクに挑戦することにしました。

横になり、目を閉じている間に付けてもらえると言う手軽さもありますが、何よりも一度付けてしまえば数週間は維持できることが私にとって、とても良いポイントでした。今では、まつエクのサロンに定期的に通っています。

しかし、まつエクを付け始めて最初の頃、2~3日でポロポロと取れてしまうことがありました。しっかり付けてもらっているのですが、なぜか数本がすぐに取れてしまいます。サロンに行った際に相談すると、まつ毛が細いため取れやすいとの事でした。

そこでスタッフの方に薦められたのがまつ毛美容液でした。以前にもすこし付けていましたが、面倒になりすぐにやめてしまっていました。もう一度買い直して、現在まつ毛美容液を朝晩と付けるようにしています。

まつ毛美容液は正直なそんなには信じていませんでした。ただ、とりあえず薦められたため付けるという感覚で毎日の習慣を始めました。

付け始めて1週間ほどで、頼りない太さだったまつ毛が、気のせいかもしれませんが、少ししっかりとしてきました。特に細いまつ毛だったため効果が早かったのかもしれません。そのまま使い続け、徐々に太さもしっかりし、元々抜けやすかったまつ毛が、多く抜けすぎることも無くなりました。

現在では、まつエクとまつ毛美容液を併用して、まつエクも以前よりも長く維持できるようになり、自まつ毛もしっかりと生き生きしてきました。まつエクだけ、というよりも、自まつ毛も育てるまつ毛美容液の併用はとても良いです。

 

安全なまつ毛美容

女性なら誰しも憧れる長くてフサフサなまつ毛。現代では理想のまつ毛にするたくさんの美容方法があります。

つけまつ毛は主流ですが、どうしても外す時に自分のまつ毛にダメージを与えてしまうのです。最近は自分のまつ毛を増やしたり伸ばしたりする美容方法でオシャレを楽しむ女性が増えてきています。

自分で手軽に出来るといえば、「まつ毛美容液」をまつ毛にぬることでしょう。使い方はいたって簡単で、マスカラのようにまつ毛に美容液を塗るだけです。マスカラ下地や艶出しとして使える種類もあります。

しかし、「まつ毛美容液」は選ぶのが大変です。今や大手化粧品メーカーや、海外製品、お手頃価格までたくさんの種類がドラッグストアに並んでいます。友達や会社での口コミやネットでの口コミを参考にしてご自身に合ったものを選んでください。効果が高いものですと、たった1週間ほどでまつ毛の量が増えたり長くなったりとするようです。

サロンに行けば直ぐ実感できるのは「まつ毛エクステ」です。
「まつ毛エクステ」は均等にカールできたまつ毛がつけまつ毛よりも自然にできるのが特長的です。
つけまつ毛やマスカラを塗ることが必要ないので、メイク時間のカットにもなりますし、すっぴんすら目がパッチりになって横顔も可愛く見えるようになります。ビューラーやマスカラでのまつ毛の負担もなくなるのです。

しかし、「まつ毛エクステ」にはデメリットも多く存在します。月1でリペアが必要で料金はかかり続けます。水がかかると取れやすくなったり、寝方やメイクオフの仕方なども気を付ける事がたくさんのあります。一番恐いの逆さまつげなどになり、目に傷ができてしまったり眼病になってしまったりという目のトラブルです。最近は「まつ毛エクステ」による目のトラブルが問題になっています。値段が安いというこでは選ばす、過去の事例などでキチンとしたサロンを選びたいものです。

一番安全なのは「まつ毛パーマ」でしょう。ですが、まつ毛パーマは1か月~2ヶ月で落ちてきてしまうので継続的にパーマをかける必要があります。自宅でできるまつ毛パーマキッドなども販売されていて、サロンでやっても自分でやってもまつ毛パーマはリーズナブルなお値段で行えます。美容液でまつ毛を伸して増やしてからのまつ毛パーマはおすすめです。

オシャレは女性にとってとても大切な事ですが、安全で健康に害がないような方法で美しさを追求したいですね。

 

 

エマーキットの使い方

まつげ美容液として人気が高く、まつ毛のツヤなどを手に入れることができるエマーキットというのは、とても細い状態のブラシが特徴的となっています。

栄養が豊富な美容液をしっかりと絡ませることができる極細のブラシがついており、エマーキットを確実にまつ毛とまつ毛の根本へと入り込ませていくことができます。丁寧に塗らずとも、確実に効果を発揮していけるようにさっと塗っていくことができます。

極細ブラシは常にムラなく利用することができますが、毎日朝晩活用していくことができます。期間も非常に長く、じっくり使って行っても2ヶ月程持たせることができます。したがってエマーキットはコストパフォーマンスを見ていくと、非常にまつ毛美容液の中ではいい方といっていいでしょう。

そしてエマーキットを使っていくとまつ毛にハリを覚えていくことでしょう。存在感も次第にアップさせていくことができ、友人や恋人などからマスカラを変えたのかと聞かれてしまうこともあるでしょう。そんなエマーキットの使い方を見ていくと、クレンジング剤だったり洗顔料を利用していきながら化粧を事前に綺麗に落としていき、就寝する前にエマーキットを利用することで効果を発揮していけるようになります。上と下のまつ毛に対して塗っていくようにすると綺麗なまつ毛に仕上げていくことができるでしょう。

そんなエマーキットを活用している方の体験談について紹介をしていきます。

体験者談
徐々にエマーキットを利用しているとまつ毛を伸ばしていくことができます。本当に効果抜群といっていいでしょう。エマーキットが届いた日からしっかりと入浴をした後でエマーキットを塗っていますが、1週間ほどで着実にまつ毛を濃くさせていくことができました。はっきりとまつ毛が伸びていったのがわかります。そして1ヶ月ほど経過すると、全てエマーキットを塗り終えました。ビフォーアフターを見ると、本当にまつ毛が濃くなり、伸びているのを感じることができました。

体験者談
初めてエマーキットを購入しましたが、使い続けて1ヶ月ほどで倍近くまつ毛を伸ばしていくことができました。そもそもエマーキットを動画サイトでチェックしてみたのですが、本当にまつ毛が伸びるのか疑問に思っていました。しかし着実にエマーキットを利用することによって伸ばすことができたので、買ってみて正解でした。継続させていくために、エマーキットを再度購入して使ってみたいと考えています。

 

 

 

エマーキットで潤ツヤまつ毛に

エマーキット

まつ毛に潤いやツヤなどを与えていくことで有名雑誌などでも取り上げられているエマーキットですが、使い方はしっかりと把握しておいてください。個人差はありますが、使い方をしっかりと守っていると、しっかりとまつ毛を濃くしていくことができます。

そのポイントについて見ていくと、まずまつ毛は細かいうぶ毛のような状態になっていることがあります。その根元へさっと塗っていくようにしていくといいでしょう。エマーキットは主にビオチンだったり、オタネニンジン根エキスなどの成分が含まれています。これらの成分はまつ毛の発毛や育毛などをしっかりと促進していく作用を持っていますので、毎日使っていくことが重要になっていきます。

目元を魅力的な状態にしていくには、まつ毛を増やしていくことが大切になっていきます。観察していくと、まつ毛は産毛が多くなっており、エマーキットはその産毛を着実に育てていくことができます。これでまつ毛の本数を増やしていくこともできるのです。

第二にエマーキットをつけ過ぎないようにすることが大切になっていきます。まつげ美容液全般にいえますが、エマーキットも目元つまり粘膜が近いところへ塗っていくものになります。間違えてしまうと炎症してしまうこともあるほど、副作用に悩まされてしまうことがありますので注意しなければなりません。

まつ毛美容液として人気が高いエマーキットというのは、天然で取ることができる植物成分を多く含んでおり、肌をしっかりとケアしていく成分が配合されています。副作用については心配することがないといわれていますが、一度に大量にエマーキットを付けていくことはやめておいた方がいいでしょう。

日々少しずつさっと塗っていくことでエマーキットがまつ毛に栄養を与えていきますので、肌に対する負担も少なくなっています。専用で提供されている極細のブラシもありますので、エマーキットを多くつけることなく利用していくことができます。図解がエマーキットに同梱されていますので、間違えないようにしてください。

最後に夜の洗顔後に使用をしてください。エマーキットは1日1回使えばまつ毛にしっかりと効果を発揮していきますが、手軽に済ませるためにもタイミングが重要になっていきます。夜がお勧めで、新陳代謝が活発な状態になっているからです。細胞も生まれ変わっていきますので、確実に作用していきます。正しくエマーキットを使って、まつ毛を綺麗にしていきましょう。

⇒エマーキットに関する最新情報はこちら

 

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液

エマーキットなどのまつ毛美容液と似て非なるものとしてまつ毛育毛剤があります。まつ毛育毛剤とはルミガンなど医薬成分が含まれているものを指します。まつ毛美容液の主目的はまつ毛に栄養を与え健康なまつ毛にすることですが、まつ毛育毛剤はまつ毛を伸ばし、増毛させることを主目的として利用します。

実際にその育毛効果は高く医学的にも実証されています。しかしながら使用を止めるとこれまで医薬成分のおかげで伸びていたまつ毛は次第に元の状態にもどりますので、その辺の違いを見極めて、まつ毛美容液にするかまつ毛育毛剤にするか選択するのがいいでしょう。